-頭痛、肩こり-
[メニューに戻る]
疲労は、手→肩→首→頭の順に上がってきます。
肩と首は常に5kgくらいの頭をささえているのです。
その重さからくる疲労が肩こり、頭痛の原因となっているので
肩から首にかけての筋肉(僧帽筋-そうぼうきん-)を鍛えて
疲労を抑える事が、症状改善への一番の近道となります。
☆用意するもの
ダンベル2個 女性(0.5〜1kg)男性(1〜1.5kg)
無ければ350〜500mlの水入りペットボトルでもよい
☆はじめる前に
柔軟体操を十分した後、足を腰幅に開いて立ち、
丁寧に深呼吸を5回してください。
ひざの力を少しゆるめ、ダンベルを5本の指でしっかりと握ったら
ダンベル体操の準備は完了です
ゆっくりと、両腕を肩の高さまでまっすぐ広げて
数秒キープしてください。  
そのまま息をはきながら、手首を前後にゆっくり回転させましょう
5回転行ったら休みます。これで1セットです
始めは3セット位から始めましょう。
☆終わったら
背中で手を組んで、息を吐きながらよく首を伸ばしてください。
☆どうしても早くなおしたい場合
全身の血流を良くするのが効果的です
-首の後ろに温かいタオルを当てる
-耳たぶを、軽くひっぱる
-青竹を踏む(100円SHOP等に売っています)
-ゴルフボールを土踏まずに当てて転がす